報酬額

当事務所報酬額

各種書面作成に関する面談料

1時間4000円 
その後、30分につき2000円

 
次項有着手金 
合計金額の半額を最初にいただきます

 
次項有内容証明作成

22000円

 
次項有離婚関連業務

離婚協議書作成40000円

話し合いはついたのですが、後々のトラブルを防止するため、よりしっかりとした離婚協議書を作成したいという方のためのプランです。
行政書士にしっかりとした「離婚協議書」を作成してほしいという方、ぜひこのシステムでご相談ください。

 

別居に関する合意書作成30000円
 
離婚協議書公正証書作成まで完全サポート60000円

(財産分与の際の不動産の記載がある場合には70000円となります。)
「いざ離婚を決めたのですが、その際の取り決めごと、離婚してからの金銭の支払い、子供のこと等、離婚協議書を作成し、公正証書作成までの手続きまでトータル的にサポートしてほしい方」のためのシステムです。
離婚に関する相談から、「離婚協議書」「公正証書」の作成まで、全面的にサポートいたします。

  
尚、公正証書作成の際には、別途、公証人手数料がかかります。
※公証人手数料とは
公正証書にする文書の内容に金銭の取り決めごとがあれば、その金銭の額によって、公証人に支払う手数料が変わってきます。
公証人手数料      

目的の価格が100万円まで  公証人手数料 5000円 
         200万円まで          7000円
         500万円まで         11000円
        1000万円まで         17000円
        3000万円まで         23000円
        5000万円まで         29000円
           1億円まで         43000円

      
次項有示談書作成

示談書作成(一括払い)30000円 
示談書作成(分割払い)35000円 

 
次項有遺言書作成

公正証書遺言作成 0000円 


次項有金銭消費貸借契約書作成

 金銭消費貸借契約書作成30000円 
 上記の金銭消費貸借契約書を公正証書にする場合 上記の金額+20000円

 
 
             金銭消費貸借契約書サンプル 

金銭消費貸借書契約書
 
第一条 貸し主山田太郎は、借り主田中一郎に対し、次条以下の約定で金100万円を貸し渡し、借り主田中一郎は、これを受け取り受領した。

 

第二条 前条の貸し金の利息は、元金に対し、年○割の割合とする。
 
第三条 借り主は、本借受金の元本を平成○○年○月○日限り、利息を毎月末日限り、いずれもそのときの貸り主の住所に持参または送付して支払うものとする。借主は上記元金の支払いを怠ったときは、貸主に対して年○割の割合による遅延損害金を支払うものとする。


第四条 借り主は下の場合には、借り主からなんらの催告がなくても当然に期限の利益を失い、元利金を一括で支払うものとする。
一、本件利息の支払いを2ヶ月以上怠ったとき。
二、借り主またはその連帯保証人が、他から差し押さえまたは仮差押さえの命令申請、競売の申し立てを受けたとき。


第五条 連帯保証人田中太郎は、借り主の本件債務につき、貸し主に対して、借り主と連帯して履行の責任を負う。


第六条 本件に関し、万一裁判での訴訟等の問題が生じたときは、現住所のいかんにかかわらず、貸し主の居住地の裁判所を管轄裁判所とする。

上記契約を証するため、本契約書を3通作成し、各当事者ならびに連帯保証人が署名・押印し各自1通ずつ所有するものとする。
 

 貸し主     住所 
              氏名             印

 借り主     住所
              氏名             印

 連帯保証人   住所
              氏名             印